FX 通貨ペア おすすめ

FX 通貨ペア おすすめ

FXの通貨ペアの中でお勧めは何か、私も過去に色々なかたのブログやサイト、教材で勉強をしてきて、ある程度結論というか自分に向いているものを見つけることができました。

 

各通貨の特徴と主にお勧めのものなどまとめてみようと思います。
まず初心者にお勧めなのはドル円です。

 

これは値動きが素直で、取引量も多いというのが特徴。
どの会社でもスプレッドが狭く取引しやすいのですよね。

 

また、ドルと円というもっとも親しみのある組み合わせなのでとっつく安いというのもあるでしょう。
以上の理由から初心者にお勧めできる通貨ペアということになります。

 

もちろん上級者にもドル円を好んで取引する方も多く、日本人には最もやりやすい通貨の一つではないでしょうか。

 

デメリットをあげるとすれば値動きが小さいということでしょうか。
1日当たりの値動きが小さく値幅がとりにくいというデメリットがあるのです。

 

なので上級者でも大きな値動きを狙いたいという人はあまりドル円はしないかもしれません。
トレードスタイルとしては短期的なデイトレ等では姉幅がとりにくい点からやりにくい部分があると感じる人もいるかもしれませんが、スキャルピングのようなものではスプレッドが小さいのが良いと言われる方もいますね。

 

個人的にはどちらかというと長期的なトレードに向いている通貨ペアではないかと思っています。

 

次にデイトレーダーにお勧めの通貨はユーロドルとポンド円です。
この通貨それぞれ特徴が違います。

 

まずユーロドルですが、これはスプレットが非常に狭い通貨の一つ。
正解的に見れば最も狭い通貨でしょう。

 

日本ではドル円と同じ程度で設定されていることが多いですね。
日々の値動きもそれなりにあるので、デイトレにも利用しやすくスキャルピングでも利用しやすい通貨です。

 

テクニカルに対して中々素直に動いてくれる印象があり、私も一番好んでい使っている通貨です。
非常に利用しやすいので私がメインに使っています。

 

デイトレ、スキャル、スイングトレード、長期トレード、いずれにしてもかなり使いやすいです。
金利差があまりないのでスワップ狙いの場合はあまり利用されませんが、逆に言えば売りでも買いでも長期トレード時にはやりやすいですね。

 

ポンド円もデイトレに向いていると言われている通貨です。
ユーロドルがスプレッドの狭さ、テクニカルへの素直さで選ばれている賭したら、こっちは完全に値動きの大きさで選ぶ方が多いです。

 

その分スプレッドは広めなのですが、値動きが大きいため動くときは血取りやすいという特徴があります。
好んでトレードしている方も多い通貨です。

 

弱点はオーバーシュートしやすいということでしょうか。
テクニカルも何も関係なしに驚喜的に一方的に進むことはあります。

 

ストップなどを巻き込んで一気に進んでしまう場合ですよね。
それが他の通貨よりダイナミックに大きく動く印象があります。

 

以前ほど大きくは動かないものの、値動きが大きく好まれる通貨であることに違いはないと思います。

 

最後はユーロ円。
これは全般的になんでもそつなくこなせつ通貨ではないでしょうか。

 

スプレッドはまぁまぁ狭く、値動きもそれなりにある。
そこそこ素直に動いてくれるしやりやすい感じもある。

 

どれも平均的な通貨という印象です。
特出するような特徴はありませんが、やりやすいというのは間違いないと思います。

 

以上のことから、オススメの通貨ペアは個人的にはユーロドルを中心に、ユーロ円、ポンド円、値動きの狭さが気にならなければドル円というのも良いと思います。

 

私がよく見るある方のトレードブログで使われているのもユーロドルが多い感じですね。
参考になるので見てみると良いと思います。

 

FXのトレードブログ

 

日々のトレード記録などが付けられていて、オススメの通貨ペアなんかも書かれているので私とは少し洗濯法が違うかもしれませんが役立つと思います。